かぼちゃプリン、大好き。だけど、不倫は食えないわ。
by clarismomo
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
最新のトラックバック
自分のなかの弱さを知り強..
from 見えないなにか
わかってます。。。
from ひとりぼっちがこわくて
追い詰めるぞ
from aaaa
万年発情期
from 不倫も浮気も嫌い。。。20代..
誰のため?
from なんでも ええやん♪
リンク
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:不倫ブログ ( 3 ) タグの人気記事
FAKE
やたらに「感謝」する人がいた。
うんざりするほどの「ありがとう」の連発。
意識された きれいな言葉と笑顔。
それは 本来だったら
自分も 人も
きもちよくさせる行為だったり 言葉だったりするのに、
その場所では
少しも心地よさを感じない。
その人の 自己満足だったり
その人の 鈍感さが 
見え隠れするせいかもしれない。

感謝すること に 気がつくことは
大切なことだよ。
ただ、それは
やみくもに なにもかも感謝しろ
ということではない。
感謝したら?感謝しなよ…と
誰かに押し付けられるものでもない。

この世には
感謝できないものも
赦せないでいるものも 
あるんだ。
あっていい。
事実も 本質も 本音も
痛すぎて
抱えることもできないひとたちは
それを「マイナス」だと あっさり切り捨てるけれど。

「幸せになること」が 「目的」になったときから、
都合のよいものだけを選び
都合のよい解釈だけをする。
やたらに美しい言葉で飾りたてようとする。
本当に大切なことは
そんなことだっただろうか。

本末転倒。
私には その言葉だけが浮かんでくる場所。



  美辞麗句には人の心を打つ力がない。
  それは所詮、つくろったもの、人工的なものであって、
  その人の魂の内奥から、沈黙という苦汁の中から
  ほとばしり出た言葉ではないからである。
        
        (信じる愛を持っていますか   渡辺和子)
[PR]
by clarismomo | 2007-12-26 16:11
自慢のプリン
なまえをかえて
ブログのタイトルもかえて こっそり復活。
新しい自分に生まれ変わった気分 なのかもね。
それとも 「これこそが本当の素敵な私」と思いたいから?

でも、
かげでこそこそやっているコト
かわらない。
こどもじみていて 安っぽくて。
「彼」にちゃんと愛されていないところも
大事にされていないところも
あいかわらず。
本人だけが 何もきがついていない。
気がつかないふり かしら。

またたくさんの自慢と作り物を
ブログというショーウィンドウに並べて
自分の欲しい言葉が得られるように
しかけていく 毎日。
・・・そういうことが
どうしても やめられないらしい。
それが無いと 生きられなくなったらしい。

かわいそうな プリン。
おいしそうに見せることだけに
いつも必死な人生は
あなたに 何も与えないでしょう に。
[PR]
by clarismomo | 2007-04-18 01:53
不倫するあなたたちが立つ場所。
揺るぎ無い家庭は 
あなたたちの不倫のためにあるのではない。

なにかあったら
最悪 バレてしまったら
僕たちは逢えなくなってしまう と言う彼のことばは
恋するあなたには 
もっともらしく聞こえるだろうが
・・・ただ 不実だ。

婚外恋愛という きれいなことばを隠れ蓑に
こそこそ かさかさ。
潔くも無く
情も無く
業だけが深い。

それが愛なら
それが本物なら
わざわざ家族の上に成り立たせないで
全部 背負ってみればいい。


太陽の下
二本の足で踏みしめるのは
揺るぎ無い気持ちで立つ大地であってほしい。
[PR]
by clarismomo | 2005-05-11 09:10