かぼちゃプリン、大好き。だけど、不倫は食えないわ。
by clarismomo
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
最新のトラックバック
自分のなかの弱さを知り強..
from 見えないなにか
わかってます。。。
from ひとりぼっちがこわくて
追い詰めるぞ
from aaaa
万年発情期
from 不倫も浮気も嫌い。。。20代..
誰のため?
from なんでも ええやん♪
リンク
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
大切なのは。
まちがっても いいんだよ・・・と言って
あのひとは 抱きしめてくれた。
まちがっても いいんだよ・・・って
わたしも 
泣いて悔やむ あなたに言いたい。
まちがわない人間なんて 
どこにも いない から。

大切なのは、
まちがっていると気がついた そのあと。

とりかえしのつかなくなる その前に。
[PR]
by clarismomo | 2006-12-28 15:11
遺伝子よりも確かに伝わるもの。
「バレなければ、裏切っていることになりませんよね?」って
不安そうだった ある不倫する母親。
「どんな親でも こどもには良い親なのですよん」なんて
したり顔でコメント入れてる、やっぱり同じように婚外恋愛中の母親。
そういう思考回路 なのだわ・・・コノヒトタチ。
自分には 「嘘つき」でいることを簡単に許し、
こどもには 嘘はいけないよっておしえる。
矛盾だらけ。

こどもは 見ているのに。
こわいくらいに、
本当に よく見ている。
とくに 一番長く一緒にいる母親のことは ね。

おうちで 家族ごっこ。
お外で  恋愛ごっこ。
やっていることは、
   うわべだけ整えて、中身はガラガラ・・・なこと。
「バレなければ・・・」と思っている時点で
もう 家族をナメている アナタタチ。

こどもは 親の言うとおりにはならないが、親のするとおりになる。
・・・っていうわ。
大切な大切なわが子を
そういうこどもに 育てたかったら、そうすればいい。
ずっとずっと そうやっていればいい。

答えは いつか
わが子を通して アナタにかえってくるでしょう。
[PR]
by clarismomo | 2006-12-26 17:07
会いたい人に会いたいと言えないクリスマス
・・・と ドリカムが歌う。
たしかに せつない歌 だけど、
何を勘違いしたのか、不倫するヒトたちが
いち早く 「これぞ 私の歌・・・」とばかりに
一斉に浸っているのを見かけて
一気に しらける。

クリスマスにさえ 逢ってもらえない。
クリスマスだからこそ 逢えない。
 (お正月もGWも 然り)。
あいかわらず その現実からは目をそらして、
ただせつない想いだけに浸ってみせる。
「だって、そういう恋だから」なんて。

大人の恋が なぜ苦しいのか といったら、
それは、たくさんのことが見えるから。
愛する人のその先にあるもの や、
守るべきもの が
抱きしめあうほどに 見えて つらいから。

じぶんたちのことしか見ようとしない、
どれも大切で手放したくない なんて
子供じみた身勝手な恋をする人たちに
「せつない大人の恋」なんて語る資格は 無いわ。
[PR]
by clarismomo | 2006-12-25 23:42
愛してるという気分。愛し合ってるという錯覚。
自分のこの気持ちや 苦しみは
彼女にしかわかってもらえない。なんて、
・・・ただの 甘え。

彼には 私がついていないとダメなの。なんて、
・・・ただの 思い上がり。

ダメダメな男に ズルズルな女の 
典型的 組み合わせ 。
妙に長続きするのは
お互いが お互いを甘やかすだけの
居心地のいい場所だから。

私たち、離れられないわ と
いつまでも なめあって
いつのまにか 馴れ合って。

お互い楽なところに逃げているだけなのに
向き合って 想いあって 理解しあっている 「気分」。

別れられない理由は 「愛」なんかじゃない と
いつか
ちゃんとわかる日がくる かしら。
[PR]
by clarismomo | 2006-12-13 10:27
「僕が守るから」。
それは 
なんて心地よくて
なんて無責任な言葉 だろう。

好きになった人 ひとり守れないで
あっちにも こっちにも
いい顔をして。

家庭ひとつ 満足に守れないくせに。
[PR]
by clarismomo | 2006-12-12 18:35
矛盾
W不倫の二人が
お互いの子供の写真を見せ合いながら、
「こんなかわいいこどもたち を
 悲しませたくないね」と
笑いあう。
そんな矛盾に ぞっとする。
こどもたちを悲しみの闇に突き落とすのは、
あなたたちの その無邪気な想い と
いたずらに絡み合わせる その両手に
他ならない。

あなたたちが 
「愛」だと思っているもの は、
こどもたちが居る「家庭」という土台の上に
いつも不気味に 不安定に 乗っている。
あなたたちが
「愛」だと信じたいもの は、
二人がそれぞれに守ろうとする「家庭」と
けして横並びにあるのではない。

その想いが どんなにキレイでも
奇麗事をいくら並べても

きれいな不倫には ならない。
[PR]
by clarismomo | 2006-12-05 12:38