かぼちゃプリン、大好き。だけど、不倫は食えないわ。
by clarismomo
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
最新のトラックバック
自分のなかの弱さを知り強..
from 見えないなにか
わかってます。。。
from ひとりぼっちがこわくて
追い詰めるぞ
from aaaa
万年発情期
from 不倫も浮気も嫌い。。。20代..
誰のため?
from なんでも ええやん♪
リンク
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
いつか、そう遠くない未来に。
人は
一度 手に入れたものを
なかなか手離せないものなのね。
自分が間違っていたなんて
思いたくなくて
自分をだましだましやっていく。
ほころび始めた嘘に気がつきながら
嘘でも それが いつか本当になる日を願って。
でも そんなふうに なにもかも 
夢のようなことは続かない。
待っても待っても 夢はやってこない。
気がつくと
戻ることも すすむこともできないでいる自分にきがつくの。

あなたが さみしさとひきかえに 手に入れたもので
あなたは もっともっと さみしくなるだけ。
[PR]
by clarismomo | 2005-07-31 00:16
そういえば、よく聞きますわ。
自分に正直に生きる・・・ということは、
本来は
「自分に正直に生き、人に誠実に生きる。」
・・・ということなのだ と聞いた。

今、
人に誠実に生きる・・・という部分だけが
都合よく 切り捨てられて
それ、
不倫する人たちの 常套句。
[PR]
by clarismomo | 2005-07-30 01:24
無知の知。
こども同士で
なかなか意見が折り合わなくて
クラスメートも巻き込んで 険悪になったとき。
知識も智恵もあって
たぶん自分でも とっても知性があると思っていて
それには そういう努力もちゃんとしてるのよって
自負していたであろう女教師が、
「ほらほら、分かり合うことが大切よ」って
なんだかとっても大げさな例え話を
延々と話し続けたあげく、
両者の 手と手を 半ば強引に組ませた。
そして
「さぁ いっしょにごめんなさいをしましょう」と言った。

一見おだやかで、平和的解決にさえ見えるのに、
きっと 満足だったのは、あの先生だけだったと思う。
こどもたちが どんなきもちで
ごめんなさいを言わなければならなかったか なんて
考えもしないのだろう。

わからない。理解できない。 って
言ってもいいと思う。
だから 知ろうとする心もおきるわけで。
そういうところ、待ってあげる優しさも無いのかな?

お互いに、あるいは 多様性を
認めあわないとね、なんて言う一方で
自分が考えてるレベルに達しない人や
自分と同じ土俵にあがってこない人を
無知だとか、品性が無いとか、努力が足りないなんて
言い放つ その矛盾。

無知 よりも もっと愚かなのは
無恥 だったりする のかもね・・・
[PR]
by clarismomo | 2005-07-25 15:25
だけど。だから。
不倫・・・だけど、
ひとを好きになるきもちはとめられないよね?
なんてことを言いながら
しっかり 気持ちいいことと 楽しいほうを
選んでること、 
みんな わかっている から。
みんな 見抜いている から。
[PR]
by clarismomo | 2005-07-23 03:20
忘れないでいよう。
ニコニコ日記
・・・というドラマの中にでてくる、
ニコという名前の女の子。
女優である母親から
育児放棄された小学三年生の彼女は
ある日、つぶやく。

早く大人になりたい。
大人の都合に振り回されないで生きてゆけるように。
そして、普通に結婚して、普通のお母さんになりたい。
3時にはおやつを作って、
5時にはゆうごはんのしたくをして・・・。


めちゃくちゃ平凡で 普通の夢。
でも、そういうところに、
あたたかいものや幸せ を感じるきもちを
こどもたちは 忘れてない。
わたしも 忘れない。

それは
恋に浮かれた あのひとたちが
ときめき だとか
自分だけの幸せに目がくらんで
ゴミのように捨てたもの だけど。
[PR]
by clarismomo | 2005-07-21 18:50
あの日、かんじたこと、決めたこと。
連鎖するかなしみは 
わたしで おわり、
連鎖するにくしみも  
わたしで おわらせる、
きっと。

幼いあなたを だきしめるとき
このぬくもりだけ 
つたわるといいな。
あいされているきおくだけ
のこるといい。
[PR]
by clarismomo | 2005-07-18 02:56
身勝手な恋のために。
一生懸命に 
ただ身勝手な恋の維持のために
よい妻 よい母を演じようとしているあなたのそばで
一生懸命に 
そんなあなたの愛だけを信じて 求めて
いい子でいることを演じ続けている こどもがいる。

演じることで 得るものは
演じることで 失ってゆくものよりも
尊いの?

あなたにとって 一度きりの人生なら
子供にとっても 
たった一度きりの人生。

そういうことさえも
忘れているようだけど。
そう 忘れているからできるのでしょう、
そんなこと。
[PR]
by clarismomo | 2005-07-13 01:32
犠牲 と 未来。
未来を信じて頑張ります って
あなたは書いていた。

それはいったいどんな未来?

今 天秤にかけているのは
小さな命 と あなたの未来 なのですか?
あなたの幸せな未来に
その小さな命は じゃまなのですか?
彼のこども。 
でも あなたのこどもではないから?
愛されて 望まれた命ではないから?

「自分も母親だから わかる」といいながら
その行間から 聞こえてくるのは
 ハヤク スッキリシテキテ。
何を?誰を?。
そして また ここでも
あいかわらず無責任に応援するひとたち。

彼が愛するのは たとえあなただとしても
彼が間違って その人を抱いてしまったにしても
そこにある確かな命に
まだ産声さえあげない その命に
あなたの言葉も 
あなたの未来も 
関係ない。

本当に苦しいのは 誰だろう?。
暗い闇の中で
耳をふさぐことも許されず 
大人たちの勝手なやり取りを聞かされながら、

いま ここで
叫びだしたいのは 
たぶん あなたなんかじゃない 。
[PR]
by clarismomo | 2005-07-10 11:38
ささのは さらさら
おかあさん。

子供のために 離婚は できない
って 言い続けたよね。
  
こどもを守ることで
自分も 守りたかったの?

おかあさん。

そんなことよりも。 

子供のために 不倫なんかしない、と

思えばよかったんじゃない?。

私は そう思うよ。

・・・・・そう思ってほしかった。
[PR]
by clarismomo | 2005-07-07 11:18
Yさんの絵
ここのブログスペースではないのだけれど
Yさんという女性のブログがお気に入りでした。
残念ながら、最近、多忙のために閉鎖されました。
普通の主婦のかたのようですが、
趣味で絵を描いていらっしゃって、
ある日、描かれた絵が
タイトルもずばり「不倫女」・・・
裸の女性が足を開いていて、背景は暗闇。
細く白い肢体は、今にも闇に飲み込まれそう。
・・・そんな絵。
でも、その女性の表情は分からないのです。
なぜなら、「首」が無いから(!)。
それについて、Yさんは
「不倫をする女性は、考えない、イコール、頭が無いというコンセプト」
「不倫する女性を相手にする男性が、例えば身体だけが目当てだとしたら、
逆にマトモな事を考える頭はいらないじゃないですか、そんなの邪魔になる」
と 語っていました。

その絵が、某所に展示されていた、ある日・・・、
絵をみて、思わず泣き出した女性がいたそうです。
どうやらその女性、不倫をしていたらしい とのことで、
「自分の姿は実はこうなんだ」と、思い知らされた結果の涙だったのか、
Yさんのまっすぐな感情に耐えきれなかった結果の涙なのか、
それは知るよしもないのだけれど。
たぶん、そんなところだったと推測される。

Yさんの言葉の中に、
今、こうしてここでブログを書いている私のきもちと
重なる部分がありました(一部要約して引用します)。
・・・・・・・
「泣かせてしまって ごめんなさい」
とは、思わない。
その人に言いたい事は、
不倫なんて…なんて事よりも、
私はこれからもそういう、人の汚い部分とかを、
目をそらさずに まっすぐに見つめて、
感情をダイレクトにぶつけ、表現していくつもり だということ。
たとえそれが、人を泣かす結果になっても。
いっそ傷つけてしまっても。
自分は間違っていない、と少しでも思うのであれば、
泣かずに見つめ返せばいい。

[PR]
by clarismomo | 2005-07-01 16:24