かぼちゃプリン、大好き。だけど、不倫は食えないわ。
by clarismomo
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
最新のトラックバック
自分のなかの弱さを知り強..
from 見えないなにか
わかってます。。。
from ひとりぼっちがこわくて
追い詰めるぞ
from aaaa
万年発情期
from 不倫も浮気も嫌い。。。20代..
誰のため?
from なんでも ええやん♪
リンク
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ゆるし
好きだから 赦せること。
好きだからこそ 赦せないこと。

家族だから 赦せること。
家族だからこそ 赦せないこと。

どんなに時間が かかっても
いつか赦せる日がくれば いいね。
その心の奥に残るものは
怒りでも 恨みでもなく
ただ 深い悲しみ だから。

子供に
まっすぐに見つめられて
まっすぐ見つめ返したことがある?
もう誰にも
こんな思いをして欲しくないって
思ってしまうんだ。

それが一番伝えたいこと で
一番伝わらないこと。

目をそらしているのは だれだろう。
簡単にしてしまったひと ほど
簡単に赦せ と 思うのだ。

一生 赦せないかもしれない。
明日 ひょっこりと赦せるかもしれない。
それは 誰にもわからない。
誰かに 言われることでもない。
[PR]
by clarismomo | 2005-06-30 17:55
よく見かける風景。
私がこんなに愛しているのだから
同じくらい 私のことを愛してちょうだい
私がこんなに心配しているのだから
同じくらい 私のことを安心させてちょうだい
私がこんなに時間をささげているのだから
同じくらい あなたの時間もちょうだい
私が必要とするくらい 私を必要として。
貴方だけが私を救えるように 私だけが貴方を救える。

電話の回数。
メールの返信の速さ。
フットワークの軽さ。
・・・・・。
いつも 自分と彼の
いろんなものを
天秤にかけて
はかって 悲しがって。

恋愛の 「恋」の部分が熱を失い始めてくると
とたんに 不安になって
さみしがって さわぎたてる 女たち。

それは ただの依存 という証拠。

いつまでたっても 愛になんか たどりつかない。
[PR]
by clarismomo | 2005-06-27 16:18
しあわせって。
だんだん恋愛ホラーになってきた、
ドラマ「anego」。
夫をかえしてちょうだい・・・とニッコリ微笑みながら
嫌がらせをする妻・絵里子も たしかに怖いけれど
「運命」を信じ込んで、
どんどん普通の幸せから遠ざかっていく奈央子も
違う意味で怖い。

運命ねー。運命かー。
私自身は、
出逢うところまでは運命♪
って思っているけれど。
出逢ってからの その先を どう変えるか は
自分の努力だったり、意思(心) だろうよって思う。
運命になんか甘えてると 
運命に翻弄されるだけだったりするし。

しかし、絵里子の夫(奈央子の不倫相手)は
ますます胡散臭い男 ですね(かっこいいけど・・・)。
「二人でがんばろう 
 そして二人で幸せになろう」 は
所詮、使いまわしの言葉 でしたか
(常套句?。4年前と同じセリフを使うとは、芸が無い!)。
だいたい、妻のことを
まるで二人共通の障害物扱い で、
それで女をくどくなんて やっぱりロクな男じゃない
(しかし、不倫男には、ありがち・・・)。
絵里子が
「私、主人とは別れられないんです。
 だって 運命のひとだから」 というセリフも
もともとは かつてこの夫が言い聞かせたセリフなんだろうな~と
推測できるわけで。

さて、
ドラマの結末も 原作本通りの結末なのかしら?
最後に明かされる「運命の人」。そして、不倫の代償。
ある人は それを
「幸せになりたければ、中途半端じゃない努力をしなさい」
という、作者からのメッセージだと 言った人がいた。

そして、今回のドラマの中で
一番心に残ったのは、このセリフ。

「幸せは苦しんで追いかけるもんじゃない」。

つらい、苦しいっていう言葉や想いが
やたら出てくる時点で
もう ちがっているのかもって 思いませんか?
あなたの その運命の恋とやらも。



追記。
黒沢君の
「っつーか、誠実な男は不倫しないだろッ」のセリフも
何気にツボでございました・・・。
[PR]
by clarismomo | 2005-06-20 22:20
結婚記念日
「 神よ、
  変えられるものを変える勇気と、
  変えられないものを受け入れる心の静けさと、
  その両者を見分ける英知を
  私にお与え下さい  」

「 暗いと不平を言うよりも
  すすんであかりをつけましょう  」
[PR]
by clarismomo | 2005-06-15 13:19
本当にバレないの?
不倫ブログを書いている人が
「不倫も、このブログがバレるようなことも
 絶対ない。私はそんなに馬鹿じゃない!」と
書いているのを見かけました。
馬鹿かどうかは別として・・・
絶対バレない と言い切る その自信は
いったいどこからくるのだろうか?と
いつも 不思議ー。
PCの履歴を消しただけでは
証拠隠滅にならないし。
たとえば、ブログをあわてて消したところで
これまたいろいろなところに履歴は残っているわけだし。
(自分でも思いもしないところに ね)

以前に、会社のPCで
不倫ブログを書いている人がいて(こらこら)
「最近、不審な電話が自宅にかかってくる」
ようなことが起こっていたみたいですが
たぶん きっと 電話の主は
会社関係の人でしょう。
警告なのか 悪意なのか わからないけど。
就業時間中のメールや ブログの更新なんて
私用電話と同じで
それこそ 
みなさ~ん、聞いて!みなさ~ん、見て見て!
ってなもの。
会社側が社員のメールやアクセスをチェックしても
プライバシーの侵害でもなんでもないのです。
(・・・って、こんなのきっと常識でしたわねw)。

だれが どこで
見ているか 聞いているか わかりません。
ああ、こわい。

こわいといえば、
某ブログスペースで 
明るい不倫をモットーに
赤裸々な交友関係をブログにしていらした人妻も
昨日 突如ブログを閉鎖していました。
少し前に 旦那バレして(それでもめげなかったものの)
今回は ネット上の掲示板に
完全に本人の写真が晒されたみたいですね。
そうなる前に 引けばいいものを
そこまでいかないと 実感できない人たち。

「(不倫)ブログに書いていることなんて
 真実かフィクションかわからないでしょ」、なんて
タカをくくってるひともいるし
(あれがフィクションだったら それはそれで
 すごいあぶない病気かも。精神的に・・・)。
「これは私の全部じゃなくて一部ですから」
っていう逃げ口上もあったわね。
一部だけで これだけ不誠実さが伝わるんですから
一部で充分ですわよw。

ま、でも、一番こわいのは 
自分自身・・・かもしれませんね。
ほかの人を どんなに上手にだませても
自分だけは だませないものですものね。
自分がしたことの履歴は
自分の中に しっかり刻まれて 消しようがない。
どんなに意識しても 
人には 「無意識」の部分がある以上
やっぱり「絶対」は 無いでしょうね。
 
[PR]
by clarismomo | 2005-06-15 02:37
かけがえのないひと
わたしも
あなたも
あの人も
あの子も
彼女も
彼も

みんな みんな
だれかの 一番。
かけがえのない ひとり。

逃げても
奪っても 
壊しても いけない。
それが 愛 でも。
それが 愛 ならば。
[PR]
by clarismomo | 2005-06-11 02:45
だまされても
わたし
彼にだったら だまされてもいいの。
私も。
私も。
私も。

・・・恋に生きる独身女性たちの会話、
だったら いざ知らず、
子供をお持ちの不倫妻たちの
昼下がりの会話 でした。

もしかしたら、それが「覚悟」だと思ってる?
  覚悟まで ひとりよがり ですね。

別にだまされようが
何されようが 知ったことではないけれど
泥をかぶるのは
自分だけで済むようにしてから に
してほしいな。

「彼と出逢って 
 はじめて プライドを捨てられたの」という、
彼女たちの言い分 は
「私って 安上がりな女に成り下がったの」と 
聞こえる。

「誇り」を捨てた人は 
もう 救いようも無い。
[PR]
by clarismomo | 2005-06-10 18:37
大切な不倫相手。
「お願いです。
 あまり不倫女性をいじめないで下さい。
われわれ男にとっては 
とても貴重で有難い存在なんです」

このブログで書いてるような内容を
ほかの某ブログスペースでやったとすると
冒頭の内容のメールが届くことがあるそうだ。
タイトルは 「お願いですm(__)m」。
差出人は チャット部屋常駐の40代の男性。

愛する妻も子もいるけれど 
他の女性とも遊びたい。
チャット部屋に常駐しながら
割り切ってつきあってくれる女性を物色する日々、
なのだそうです。
(・・・というような本当のことは
 もちろん口が裂けても言わず
 「君のような人をさがしていたんだ。
 これは運命だね」なーんて
 甘ったるく言ったりするんでしょうけど ね)。

出会いの場が
チャット部屋だろうが
出会い系だろうが
趣味のサークルだろうが
職場だろうが ご近所だろうが
たいして大差なんて無いのかも。

簡単なことだよね。
イージーなところには 
イージーなものしかやってこない ってこと。

そんなことに  
ずっと気がつかない人は
ずっと「次の相手」を求め続けることになるんだろうけど。

今日も どこかで。

女は言う・・・大切なあなた。
男は言う・・・君を大切に思っているよ。
その「大切」の意味は
果たして 「同じもの」なの?

てめえ勝手な解釈で
自分の楽なほうへ 楽なほうへと持ってくる人間になんか
ほんとに心を満たしてくれる愛など
つかめるわけがない。(RIKA YOKOMORI)

[PR]
by clarismomo | 2005-06-08 19:30
中毒のかたがた
最近。
外で出会う人たちが
必死こいて メール打っているのを
見かけると・・・
 
「このひと 不倫してるのかしらん?」

つい いぶかってしまいます。
(やだー、私ったら すっかり毒されちゃって♪)。

今日 見かけた主婦は
そばで
「おかあしゃん、おかあしゃん」と
小さい我が子が 何回も呼んでいるのに
絶対 携帯の画面から
目を離さない人であった・・・。
思わず うしろから
『ひざかっくん』 でも
してやろーか と 思いました。
(冗談、冗談)

たぶん ころんでも 
携帯だけは 離さない ね
このひとたち・・・w
[PR]
by clarismomo | 2005-06-07 14:51
詭弁が得意なプリン
この恋に
この矛盾に
この運命に
一番苦しんでいるのは自分なの。
と、きましたわ・・・。

被害妄想 か 自己憐憫か。
自分以外は よく見えないらしい。

あなたが 
どんな人生を生きてきたのか を
いくら語ったところで
なぜかしら?
伝わるのは
ただ
あなたは とっても狭い世界で
生きているのね ってこと。

貧しい感性と同じくらい 鈍感で
致命的なほどの 想像力の欠如。
[PR]
by clarismomo | 2005-06-05 19:16