かぼちゃプリン、大好き。だけど、不倫は食えないわ。
by clarismomo
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
最新のトラックバック
自分のなかの弱さを知り強..
from 見えないなにか
わかってます。。。
from ひとりぼっちがこわくて
追い詰めるぞ
from aaaa
万年発情期
from 不倫も浮気も嫌い。。。20代..
誰のため?
from なんでも ええやん♪
リンク
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


たとえば、不倫相手の誕生日。
不倫を
「すきま恋愛」と言った人がいた。

仕事の合い間に、
家族との時間の合い間に、
こそこそと 手短に
済ませられる その人たち。

不誠実なオトコたちに
「がんばって 時間を作ってくれて ありがとう」などと
感謝するのは
すきまに追いやられている自分の現実 を 
認めたくないから か
けなげな女の演出のため か。
(恋愛テキスト本の受け売り?)

オトコが 言葉で どんな甘いことを囁いていようとも、
行動に ちゃんとあらわれているのに
しあわせな女 いい女を装い続けてみる
(安いメッキのようなものだけど)。
「傷つかない女」って
いろんな意味で「鈍感」になるってこと なのね。

結局、
大切なお誕生日は 電話だけで済まされて。
それも、『仕事が忙しい』…と
お決まりの言い訳をされていた わ(苦笑)。
…大切な恋人だったら、
 何があっても、その日ははずさないものだけど ね。
…家族のためだったら、
 わざわざ「がんばって時間を作る」なんてこともなく、 
 当たり前のように家に帰るでしょうに。

あなたのポジティブアピールは、
アピールするほど 
二番手にしかなれない女の負け惜しみ に聞こえてくる。
[PR]
by clarismomo | 2008-04-05 00:33
<< なんちゃって人間。 罪と罰 >>